<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東海ブロック 

2012年9月22日(祝)
身体運動学的アプローチ研究会 静岡支部(東海支部)
f0184968_8175586.jpg



第1回症例検討会 プログラム

13:00~13:30 受付

13:30~15:20 症例報告(演題は5演題)
   (1)「膝のNeutral positionをイメージして」
          松浦整形外科 林 浩二先生
   (2)「足底板処方を行った両変形性膝関節症の一症例」
          フジ虎ノ門整形外科病院 上原 玄大先生
   (3)「内転足に伴う足底腱膜炎を呈した一症例」
          整形外科 鳴子クリニック 相谷 芳孝先生
   (4)「重度偏平足患者に対する入谷式足底板処方の経験」
          田森整形外科 竹之内 純先生
   (5)「三角骨除去後の疼痛に対する入谷式足底板と、その病態予測」
          おおしろ整形外科クリニック 西島 晃一先生

15:20~15:30 休憩

15:30~16:30 特別講演 「脊柱と足部の関連を中心に」      掛川市立総合病院 岡部 敏幸先生
f0184968_8182065.jpg


17:00~      懇親会
[PR]
by iritanimethod | 2012-12-10 08:19 | 支部活動

第7回身体運動学的アプローチ研究会

1.プログラム

開会式(9:50~10:00)


特別講演(10:00~11:00)


「陸上長距離選手のコンディショニング」
(株)PNF研究所 太田 輝之先生

一般演題

1.「脚長差のある患者に対する入谷式足底板の効果」
整形外科よざクリニック 川端哲弥

2.「 内側型変形性膝関節症患者の矢状面歩行特性-二症例比較検討-」
須藤整形外科クリニック 瀧澤祥郎

3.「 肩関節疾患に対する入谷式足底板」
鹿沼整形外科 山田裕司

4.「 入谷式足底板を作成するにあたって私なりに工夫していること」
いちはら病院 唐澤幹男


昼休憩


5.『荷重方向から考えた「下肢誘導」の検証』
桑野協立病院 安里和也

6.「Counter理論に基づく前足部・後足部typeの身体学的特性に関する一考察」
掛川市立総合病院 岡部敏幸

7.「骨盤回旋角度と他動骨盤股関節回旋可動域の関係」
松戸整形外科病院 佐々木佳祐

8.「立位体前屈評価は歩行評価の一助として有用か」
ハーベスト医療福祉専門学校 上島正光

9.「足内側縦アーチと歩行との関連性-入谷式足底板療法を研究する前に-」
群馬パース大学 城下貴司

10.「立ち上がりテスト時の前額面下腿傾斜の変化が足部荷重に与える影響」 
松戸整形外科病院 原口 敬

11.「鼡径部痛を訴えるサッカー選手と骨盤後方回旋との関係」
松戸整形外科病院 馬場洋輔

12.「足趾接地が胸郭運動および歩行に与える影響」
日本歯科大学大学院生命歯学研究科解剖学第一講座 財前知典



会長講演(14:50~16:20)

「カウンター理論に基づく治療」
足と歩きの研究所 入谷 誠

参加費:3000円





2.専門理学療法士単位申請について(※理学療法士の方へ)
当研究会は専門理学療法士制度のポイント認定を受けております。
認証ポイントは5ポイントになりますが、申請が必要な方は下記のURLより入力お願いいたします。
事務局から協会へまとめて申請しますので、12/19(水)18:00までに入力をお願いします。


理学療法士認証ポイント申請



3.懇親会会場について

参加者が多く、前回会場と会場が異なります。
「うおや一丁 大森ベルポート店」
キャンセルの方は12/19(水)18:00までに連絡をお願い致します。
懇親会費:4000円
[PR]
by iritanimethod | 2012-12-05 14:45