<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プログラム

第3回身体運動学アプローチ研究会のプログラムが決定しました。

開会式(9:50~10:00)

特別講演Ⅰ(10:00~11:00)
 バイオメカニクスの基本と臨床応用
                           文京学院大学  福井 勉
特別講演Ⅱ(11:10~12:10)
 運動学・解剖学の基本と臨床応用
                         足と歩きの研究所  入谷 誠

一般演題
Ⅰ 症例報告(13:10~14:25) 座長:山本整形外科医院  小林 正人

1.左膝蓋骨周囲に痛みを有する一般市民ランナーに入谷式足底板を装着し、症状改善をみた一例
大浜第一病院 リハビリテーション科  川端 哲弥

2.入谷式足底板(基礎編)により歩行及び指床間距離(FFD)の改善を認めた一例
今津赤十字病院 リハビリテーション科  小峠 直之

3.入谷式足底板により肩関節挙上動作に改善がみられた一症例
広尾整形外科 リハビリテーション科  財前 知典

4.裸足競技に対する入谷式足底板の効果~持続性と中枢神経系の関与から~
三枝整形外科医院  新井 恒雄

5.上腕骨外側上顆炎と診断され入谷式足底板装着により症状の軽減がみられた一症例
鹿沼整形外科 リハビリテーション部  山田 裕司

6.麻痺性疾患に対する入谷式足底板の効果
関東労災病院 リハビリテーション科  園部 俊晴

Ⅱ 評価(14:35~15:40) 座長:福岡豊栄会病院  原 信二

7.慢性腰痛症に対する入谷式足底挿板療法の効果
-立位での疼痛誘発肢位から考慮した歩行改善へのアプローチ-
掛川市立総合病院 リハビリテーション室  岡部 敏幸

8.直接的評価をより正確に再現・処方するための一考察 
~アーチパッドをより正確に置く工夫~
たちばな台病院 リハビリテーション科  相谷 芳孝

9.入谷式足底板による疼痛レベル対応処方
仁木整形外科・あや整骨院  久保田 俊明

10.舟状骨の評価について -内側楔状骨との位置関係に着目してー
久我山病院リハビリ科  吉田 茂人

11.足底板作製の評価に関する考察
大江戸整形外科内科  高橋 双八

Ⅲ 研究(15:50~16:55)          座長:掛川市立総合病院  岡部 敏幸

12.大腿四頭筋およびハムストリングス収縮後の歩行における筋活動の変化
松戸整形外科病院 リハビリテーション科  宮入 あや

13.変形性膝関節症の歩行周期 -前後方向足圧中心移動に着目して-
学校法人葵学園 埼玉医療福祉専門学校 理学療法学科  城下 隆司

14.倒立振り子および足部トラス構造モデルに基づく立位姿勢の分析
亀田クリニック リハビリテーション科  田畠 倫太郎

15.距骨下関節のテーピングに対する身体反応
西川整形外科 リハビリテーション部  豊岡 毅

16.歩行における脊柱起立筋の筋活動 ~床反力からの検証~
ハーベスト医療福祉専門学校 理学療法学科  上島 正光


閉会式(16:55~17:00)
[PR]
by iritanimethod | 2008-11-13 15:11 | 研究会情報