<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

定款

身体運動学的アプローチ研究会定款

第1章 総則

(名称)
第1条本会は身体運動学的アプローチ研究会という。
(事務局)
第2条この研究会の事務局を千葉県松戸市旭町一丁目161番地 松戸整形外科病院リハビリテーション科内に置く。

第2章 目的及び事業
(目的)
第3条「疼痛」や「機能障害」、「健康増進」「スポーツパフォーマンス向上」に対し、運動学・バイオメカニクス・動作分析の考えをベースにおき、皮下に侵襲しないアプローチを探求していくこと。また入谷式足底板を主たる手技とし、結果の出せる職人的技術者を目指す者を育成すること。
(事業)
第4条本会は第2条を達成するために、次の事業をおこなう。
(1)入谷式足底板技術者育成
(2)勉強会開催や学術誌の発行
(3)健康、福祉分野における社会的貢献、提言
(4)学術集会及び入谷式足底板に関する研究

第3章 会員
(会員)
第5条本会の趣旨に賛同する理学療法士、関連分野の研究者または医療に関連する国家資格を有する者で、入谷式足底板セミナー上級編以上を受講済みの者が本会に入会を希望したとき会員とする。
(入会金及び会費)
第6条本会は特に入会金と会費を徴収しないが、学術大会や勉強会の開催時には参加費として定めた金額を支払わなければならない。
(退会)
第7条
(1)退会する者は事務局に申告した場合
(2)本人が死亡した場合
(除名)
第8条本学会の目的に反する行為があった者または本会の名誉を汚す行為があった者は、役員会の議決により除名することができる。

第4章 役員
(種別及び定数)
第9条この研究会に、次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 1名以上3名以下
(3)事務局長及び事務局次長 各1名
(職務)
第10条
(1)会長は、この研究会を代表し、その業務を総理する。
(2)副会長は、会長を補佐し会長に事故があるとき又は会長が欠けた場合は、その職務を代行する。
(3)役員は、役員会を構成し、この定款の定め及び総会または役員会の議決業務を執行する。
(4)事務局長は主に本研究会の広報や外部との交渉などを行い、事務局に運営を指示する。
(5)事務局次長は、事務局長を補佐し、主に本研究会の事務局を運営する。

第5章 会議
(種別)
第11条この研究会の会議は、総会及び役員会の2種とする。
(構成)
第12条総会は研究会会員をもって構成する。
(権能)
第13条総会は、以下の事項について決議する。
(1)定款の変更
(2)解散及び合併
(3)事業報告及び収支決算
(4)役員の選任及び解任
(5)事務局の組織及び運営
(6)その他運営に関する重要事項

第6章 役員会
(構成)
第14条役員会は、役員をもって構成する。
(権能)
第15条役員会
(1)役員会は研究会運営に対する基本方針を審議・立案しその業務の遂行に責任を持つ。
(2)役員の任期は特に設けない

第7章雑則
付則
1 この定款は研究会2006年10月14日より施行する。
2 この件研究会の設立等著の役員は、次に揚げる者とする。
     会長    入谷 誠
     副会長   大野 範夫
           園部 俊晴
     事務局長  石田 泰男
     事務局次長 岩永 竜也
2 事務局 〒271-0043 千葉県松戸市旭町一丁目161番地  
松戸整形外科病院 リハビリテーション科内
電話:047-344-3171(病院代表)
[PR]
by iritanimethod | 2006-10-14 17:58 | 研究会情報