カテゴリ:研究会情報( 33 )

第12回 学術集会

第12回身体運動学的アプローチ研究会 学術集会

日程:2018年1月20日(土)
会場:東都リハビリテーション学院

皆様の参加をお待ちしております。

*参加募集は後日メールでご案内いたします。









[PR]
by iritanimethod | 2017-08-23 15:41 | 研究会情報

第11回身体運動学的アプローチ研究会 プログラム

会式(1000~)

特別講演10:1011:10          

「入谷式」の明日を考える

関東労災病院 園部俊晴

一般演題11:1512:15                座長:久我山病院 吉田茂人                                 

1. 仙骨・腸骨の徒手誘導と荷重方向評価分布

済生会福岡総合病院 野田 彰

2. 入谷式カウンター理論の応用と展開

広尾整形外科 財前友典

3. 小児の入谷式足底板の作製方法

松戸整形外科病院 岩永竜也

昼休憩 (

一般演題Ⅱ(13:0514:20               座長:PTハート 宮城健次                                 

4. コマ送り動画を利用しての歩行分析の検討

備前市立備前病院 長谷川文人

5. 足部縦アーチ高変化による足圧中心変化の検討

小野整形外科 齋藤嵩

6. 両脚支持期の相対的なタイミングと歩行動作の関係

文京学院スポーツマネジメント研究所 近藤崇史

7. 上腕骨外側上顆症例に対する治療経験~入谷式足底板・PNFを通じて~

鹿沼整形外科 山田裕司

8. 入谷式足底板による心不全患者の歩行機能改善度

東京警察病院 森田光聡

一般演題Ⅲ(14:2515:55               座長:広尾整形外科 財前友典

9. 橋出血急性期患者に対する入谷式足底板

伊東市民病院 西島晃一

10. 脊柱管狭窄症術後も慢性的な腰・臀部痛が残存した一症例

フジ虎ノ門整形外科病院 杉本貴司

11. 右膝内側の荷重時痛と左母趾MP関節背屈にて痛みが生じている症例

鹿沼整形外科 井熊良一

12. 前十字靭帯再建術後症例に対する入谷式足底板の作製~膝機能に着目して~

昭和大学病院 石原 剛

13. 変形性膝関節症への入谷式足底板~上半身アライメントに着目して~

まつだ整形外科クリニック 長山将吾

14. 皮膚に挿入しない置き針を用いたアプローチ ~入谷式足底板治療の理論を参考にした検討~

与那原中央病院 古堅貞則

今後の研究会に
事務連絡て(16:0016:20
          
                                          

・定款について

・支部活動について

閉会式(~16:30)  







閉会式(16:25~)


[PR]
by iritanimethod | 2017-01-11 13:46 | 研究会情報

身体運動学的アプローチ研究会 概要

会員の方々には下記の内容を登録メールに送っています。
届いてない方は、迷惑メールに入っている可能性と
登録メールアドレスの変更がされておりません。
ご確認下さい。



身体運動学的アプローチ研究会 
会員各位

今後、研究会会員がしっかりと入谷式足底板を継承し、後世に伝えられる会を目指します。
会員が力をつけて、本当の意味での臨床家を目指す研究会になるように皆様の力で一丸で頑張って行きましょう。


第11回身体運動学的アプローチ研究会

日時:2017年1月21日(土) 10時~16時30分(予定)
会場:東都リハビリテーション学院

●参加者募集下記URLよりご入力ください。

募集締切:150名 (先着順) 12月15日(木) 17時まで
参加費:無料(会員のみ参加可能)

概要

●「我々が発展していくための今後の展望」園部会長代行:60分
●「会の規定、会の活動の指針、会計報告など」岩永(事務局):30分
各支部の活動報告「各支部の紹介、各支部話し合い、 今後の活動予定報告など」進行(岩永):60分程度
 新しい支部の設立や既存の支部の活動活性化、支部内や支部間のつながりなど

●演題募集について
下記の分類にて行う予定です。
①「入谷式足底板に関わる工夫と検証」
②「足部や運動連鎖に関わる研究」
③「入谷式足底板による症例報告」
④「その他」

なお、症例報告の際はデフォルトを参考にしてください。

予定では、
野田先生が①で、「骨盤徒手誘導の検証と手法について(仮)」
岩永が①で「小児に対する足底板作製方法の工夫(仮)」 で発表提示予定です。

発表時間は10分を予定していますが、必要に応じて時間調整します。

抄録はワードで作成し、事務局のメールアドレスまで送ってください。
抄録の締切は 12月22日(木) 17:00までとさせて頂きます。

●懇親会について

はなの舞 渋谷道玄坂Gスクエア店 
17:00~19:00 (予定)
参加される方は受付の際に懇親会費4000円をお支払いください。






















[PR]
by iritanimethod | 2016-11-18 18:31 | 研究会情報

第10回身体運動学的アプローチ研究会

開会式(10001010

特別講演Ⅰ(10:1011:10          

上肢・体幹部と身体運動の関係 

広尾整形外科 財前知典



セッションⅠ(11:2012:05              座長:整形外科よざクリニック 川端 哲弥                                 

.突発性側弯症患者の体幹可動域制限と歩行時痛に対して、骨盤と腰椎への前額面制御アプローチを施行した一症例

中東遠総合医療センター 岡部敏幸

2.外側半月板損傷の身体特性~nを増やす試み~

鹿沼整形外科 山田 裕司

3.距骨下関節・第1列処方に関する検討

PTハート 宮城 健次

4.インソール徒手評価の参考 ~自主トレへの展開~

Undoya(うんどうや)  比嘉 裕



昼休憩 (
12:0513:05

セッションⅡ(13:0514:05)           座長:中東遠総合医療センター 岡部敏幸

5. 人工股関節全置換術後病期に応じたパッド処方を試みた1症例

フジ虎ノ門整形外科病院 上原玄大

6.腰部脊柱管狭窄症に対しての身体運動学的アプローチ

まつだ整形外科クリニック 長山 将吾

7.足底板評価 私の工夫

与那原中央病院 島袋 豪

8.入谷式足底板の効果検証

備前市立備前病院 長谷川 文人


セッションⅢ(14:0514:50                 座長:久我山病院 吉田茂人

9.入谷式足底板による心不全患者の歩行機能改善度と在院日数の比較

東京警察病院 森田 光聡

10.立位と歩行における身体運動の関係

与那原中央病院 古堅 貞則

11.4ヶ月前に足を踏まれてから第5中足骨外側に痛みが生じている症例

鹿沼整形外科 井熊 良一



特別講演Ⅱ(
14:5015:50)                                                     

仮説検証作業に基づく下肢障害の治療

関東労災病院 園部 俊晴



閉会式(
15:50~)

1600~年会費支払


♯1:抄録では座長の都合により一部変更があります。












[PR]
by iritanimethod | 2015-12-08 09:52 | 研究会情報

2015年 研究会日程

会員各位

お待たせいたしました!

今年の第10会身体運動学的アプローチ研究会の日程をお知らせいたします。

日程:2015年12月12日(土)
 
会場:東都リハビリテーション学院 (定員150名)
アクセス:
http://www.toutoreha.ac.jp/access.html
時間:10:00~16:30(予定)

参加申し込み、発表演題など募集要項は後日ご連絡致します。



多くの会員のご参加をお待ちしております。













[PR]
by iritanimethod | 2015-09-28 14:23 | 研究会情報

第9回身体運動学的アプローチ研究会

2014年12月20日(土) 東都リハビリテーション学院で第9回身体運動学的アプローチ研究会が開催されます。

今年のテーマは「大義」です。

また研究会の方向性も大きく舵をきって行く予定です。



参加募集に関しましては、会員の皆様には10月16日にメールをお送りしました。

届いていない方は、研究会事務局までご連絡ください。



事務局 岩永




[PR]
by iritanimethod | 2014-10-23 12:20 | 研究会情報

非会員PT向けにセミナーを開催(静岡支部)

開催日時 : 平成25年12月8日(日) 10:00〜16:00

講演内容 : 「歩行分析と足部からの姿勢制御アプローチの紹介」

講師   : 岡部 敏幸先生(静岡支部長 中東遠総合医療センター)

会場   : 静岡徳洲会病院

参加人数 : 30名

f0184968_09035679.jpg
サポート会員:西島 晃一先生(おおしろ整形外科クリニック

       上原 玄大先生(フジ虎ノ門整形外科病院)

       天野 雅史先生(清水厚生病院)

       林 浩二(松浦整形外科)

f0184968_09034483.jpg

今回も静岡県内の熱いPTの先生方が集まってくれました。

参加者の熱意に応えるように、講師の岡部先生のセミナーも熱すぎる程 熱かったです。心の話から始まり、入谷式インソールまで、とても充実した一日になりました。

今後も、臨床に熱いPTの先生方に入谷式足底板を伝え、社会に貢献できる同志を増やしていきたいと考えます。

                   静岡支部事務局 林 浩二





[PR]
by iritanimethod | 2013-12-13 09:05 | 研究会情報

第8回身体運動学的アプローチ研究会 プログラム

会式(9:5010:00


特別講演(10:0011:00

    「入谷誠を知る」
                                     名護市スポーツリハビリテーションセンター スポーククリニック 宮城 健次



セッション11:1012:10         座長:昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 島田周輔

1体幹可動性が歩行に及ぼす影響―ダブルスタンス立位体幹回旋テストと歩容との関係―

中東遠総合医療センターリハビリテーション室 岡部敏幸


2.
下腿遠位を前方誘導した足関節背屈運動が歩行に与える影響

福岡豊栄会病院 リハビリテーション科 寺﨑裕亮


3.
足部・胸郭・上肢の関係性 ~近位橈尺関節回内外誘導パッドの試み~

日本歯科大学大学院生命歯学研究科解剖学第一講座 財前知典


4.
パイロットスタディー:歩行における身体重心移動の解析-臨床的歩行分析で注意すべきこと?

      群馬パース大学 城下貴司



昼休憩 (12:10
13:00)



セッションⅡ(13:0013:45                      座長:整形外科よざクリニック 川端哲弥

5. 肩関節疾患における身体運動学的アプローチ

鹿沼整形外科 リハビリテーション部 山田 裕司


6.
位荷重位置と上肢拳上の関連性について

医療法人和の会 与那原中央病院 平山良樹


7.
15年前に脳梗塞により右麻痺を呈した者の症例報告

Undoya(うんどうや) 理学療法士 比嘉 裕


セッションⅢ(13:5013:50)       座長:フィーズ 柴田 英宣

         

8. 転倒を繰り返す症例に対する入谷式足底板~再転倒を防ぐために~

松戸整形外科病院 リハビリテーションセンター 佐々木佳祐



9.
症例から考える変形性膝関節症患者の体幹機能について ~二症例比較検討~

                    須藤整形外科クリニック 瀧澤 祥郎



10.
舟状骨の疼痛に対する入谷式足底板

おおしろ整形外科クリニック 西島 晃一



11.
前外方荷重型と後内方荷重型における身体運動の比較~人間の動く仕組みについての検討~

医療法人和の会 与那原中央病院 古堅貞則

 

 

 

会長講演(15:00~16:00)
「カウンター理論に基づくエクスペンディングエクササイズ」   
                            足と歩きの研究所 会長:入谷 誠

閉会式(16:30~)









[PR]
by iritanimethod | 2013-12-11 12:49 | 研究会情報

研究会ホームページ

当研究会のHPを作成しました。
少しずつ写真なども入れて行きますね。


トピックスや支部活動などはこちらのブログへ継続してエントリーいたします。
よろしくお願いします。








[PR]
by iritanimethod | 2013-12-07 08:43 | 研究会情報

会場の確認と懇親会のお知らせ

12/21(土)に開催される第8回研究会の参加人数は約130名、懇親会約100名、演題数は10題になりました。
申し込み頂いた方はありがとうございました。11/16(土)を持って参加申し込みを締切とさせて頂きました。
 
繰り返しになりますが
今年から研究会の会場が東都リハビリテーション学院になります。
お間違えないようにお願いいたします。
研究会の参加費は3,000円です。
 
懇親会の会場はミランダブルー(東都リハ学院から徒歩2、3分ほど)
懇親会費は4,000円になります。17:00~19:00(2時間飲み放題)
近隣で大人数の大移動が難しく会場がここしか見つかりませんでした。
十分な広さはありますが、席に限りがございます。一部の方は立食となることをご理解ください。
 
キャンセルの方は12/13(金)19:00までにお願い致します。
以降はキャンセル料を頂きますのでご了承ください。








[PR]
by iritanimethod | 2013-11-22 16:49 | 研究会情報