第10回身体運動学的アプローチ研究会

開会式(10001010

特別講演Ⅰ(10:1011:10          

上肢・体幹部と身体運動の関係 

広尾整形外科 財前知典



セッションⅠ(11:2012:05              座長:整形外科よざクリニック 川端 哲弥                                 

.突発性側弯症患者の体幹可動域制限と歩行時痛に対して、骨盤と腰椎への前額面制御アプローチを施行した一症例

中東遠総合医療センター 岡部敏幸

2.外側半月板損傷の身体特性~nを増やす試み~

鹿沼整形外科 山田 裕司

3.距骨下関節・第1列処方に関する検討

PTハート 宮城 健次

4.インソール徒手評価の参考 ~自主トレへの展開~

Undoya(うんどうや)  比嘉 裕



昼休憩 (
12:0513:05

セッションⅡ(13:0514:05)           座長:中東遠総合医療センター 岡部敏幸

5. 人工股関節全置換術後病期に応じたパッド処方を試みた1症例

フジ虎ノ門整形外科病院 上原玄大

6.腰部脊柱管狭窄症に対しての身体運動学的アプローチ

まつだ整形外科クリニック 長山 将吾

7.足底板評価 私の工夫

与那原中央病院 島袋 豪

8.入谷式足底板の効果検証

備前市立備前病院 長谷川 文人


セッションⅢ(14:0514:50                 座長:久我山病院 吉田茂人

9.入谷式足底板による心不全患者の歩行機能改善度と在院日数の比較

東京警察病院 森田 光聡

10.立位と歩行における身体運動の関係

与那原中央病院 古堅 貞則

11.4ヶ月前に足を踏まれてから第5中足骨外側に痛みが生じている症例

鹿沼整形外科 井熊 良一



特別講演Ⅱ(
14:5015:50)                                                     

仮説検証作業に基づく下肢障害の治療

関東労災病院 園部 俊晴



閉会式(
15:50~)

1600~年会費支払


♯1:抄録では座長の都合により一部変更があります。












[PR]
by iritanimethod | 2015-12-08 09:52 | 研究会情報
<< 第5回静岡支部症例検討会 2015年 研究会日程 >>