身体運動学的アプローチ研究会 静岡支部(東海支部)

静岡支部にて第3回症例検討会を行ったので、報告します。

f0184968_09380621.jpg


身体運動学的アプローチ研究会 静岡支部(東海支部)

「第3回症例検討会 プログラム」

日程:平成26年8月31日(日) 場所:松浦整形外科(静岡市)

13:00~13:20 受付

13:20〜15:20 症例検討会(3演題 1ディスカッション)

(1)「腓骨筋腱炎と第2中足骨頭の疼痛の主訴に対しインソールを作成した1症例」

箕山クリニック           太田 岳先生

(2)「PCL損傷後、歩行不安定感を愁訴とする患者への足底パッドアプローチ」
                  JA静岡厚生連 清水厚生病院    天野 雅史先生

(3)「肩関節拘縮が腓骨骨折に与えた影響と入谷式足底板」

                   おおしろ整形外科クリニック     西島 晃一先生

(4)ディスカッション 「距骨下関節について」

                   いきいきリハビリテーション病院   成瀬 友貴先生

15:20~15:30 休憩

15:30~17:00 特別講演  「入谷式足底板を用いた上肢疾患の臨床応用」

                            鹿沼整形外科     山田 裕司先生

f0184968_09383290.jpg

17:30~      懇親会


今回も熱い症例検討会が開催できました。前半は4名の先生方による症例検討会でした。とても内容の濃いすばらしい発表でした。そして、演題発表後の意見交換も活発に行われ、いつも通り、熱い症例検討会になりました。


後半は、鹿沼整形外科の山田裕司先生を御招きして、特別講演をしていただきました。講義と実技の両面から臨床で結果を出すために必要な事を 熱く指導していただき、静岡支部会員一同感激しました。山田 裕司先生、ありがとうございました。


懇親会もいつも通り盛り上がり、インソールや臨床の意見交換から下ネタ?の意見交換まで、とても貴重な時間を過ごす事ができました。


今後も静岡支部会員一同、向上心を忘れずに臨床をがんばりたいと思います。

f0184968_09375365.jpg



[PR]
by iritanimethod | 2014-09-12 09:42 | 支部活動
<< 第9回身体運動学的アプローチ研究会 神奈川県支部 >>