第8回身体運動学的アプローチ研究会 プログラム

会式(9:5010:00


特別講演(10:0011:00

    「入谷誠を知る」
                                     名護市スポーツリハビリテーションセンター スポーククリニック 宮城 健次



セッション11:1012:10         座長:昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 島田周輔

1体幹可動性が歩行に及ぼす影響―ダブルスタンス立位体幹回旋テストと歩容との関係―

中東遠総合医療センターリハビリテーション室 岡部敏幸


2.
下腿遠位を前方誘導した足関節背屈運動が歩行に与える影響

福岡豊栄会病院 リハビリテーション科 寺﨑裕亮


3.
足部・胸郭・上肢の関係性 ~近位橈尺関節回内外誘導パッドの試み~

日本歯科大学大学院生命歯学研究科解剖学第一講座 財前知典


4.
パイロットスタディー:歩行における身体重心移動の解析-臨床的歩行分析で注意すべきこと?

      群馬パース大学 城下貴司



昼休憩 (12:10
13:00)



セッションⅡ(13:0013:45                      座長:整形外科よざクリニック 川端哲弥

5. 肩関節疾患における身体運動学的アプローチ

鹿沼整形外科 リハビリテーション部 山田 裕司


6.
位荷重位置と上肢拳上の関連性について

医療法人和の会 与那原中央病院 平山良樹


7.
15年前に脳梗塞により右麻痺を呈した者の症例報告

Undoya(うんどうや) 理学療法士 比嘉 裕


セッションⅢ(13:5013:50)       座長:フィーズ 柴田 英宣

         

8. 転倒を繰り返す症例に対する入谷式足底板~再転倒を防ぐために~

松戸整形外科病院 リハビリテーションセンター 佐々木佳祐



9.
症例から考える変形性膝関節症患者の体幹機能について ~二症例比較検討~

                    須藤整形外科クリニック 瀧澤 祥郎



10.
舟状骨の疼痛に対する入谷式足底板

おおしろ整形外科クリニック 西島 晃一



11.
前外方荷重型と後内方荷重型における身体運動の比較~人間の動く仕組みについての検討~

医療法人和の会 与那原中央病院 古堅貞則

 

 

 

会長講演(15:00~16:00)
「カウンター理論に基づくエクスペンディングエクササイズ」   
                            足と歩きの研究所 会長:入谷 誠

閉会式(16:30~)









[PR]
by iritanimethod | 2013-12-11 12:49 | 研究会情報
<< 非会員PT向けにセミナーを開催... 研究会ホームページ >>