第5回研究会プログラム

開会式(9:50~10:00)
特別講演(10:00~11:00)      
人間の構築からみた理学療法の展開  山嵜 勉 先生

一般講演(11:15~12:15)                                  
動作分析における指標と意義の紹介   関東労災病院 園部 俊晴

休憩 (12:15~13:15)

会長講演(13:15~14:15)                                  
人間の姿勢と動きから理学療法の展開  足と歩きの研究所 入谷 誠

一般演題
セッションⅠ(14:30~15:10)  座長:整形外科よざクリニック 川端 哲弥

1.距骨下関節への操作が身体に及ぼす影響 ~立位体幹前屈動作での身体運動連鎖についての一考察~
掛川市立総合病院リハビリテーション室 岡部敏幸

2.浮き足による疼痛に対して入谷式足底板療法
鹿沼整形外科リハビリテーション部 山田裕司

3.蹴り出し脚の視覚的評価と客観的評価の関連について  ~下肢加重検査機器を用いて~
松戸整形外科病院リハビリテーション科 酒井 健児

セッションⅡ(15:25~16:15)   座長:スポーククリニック 宮城 健次

4.中足骨後方横アーチパッドがラテラルスラストに与える効果の検証
今津赤十字病院 リハビリテーション技術課 小峠直之

5.HL早期群と遅延群における歩行時下肢筋活動の違い
広尾整形外科 リハビリテーション科 財前 知典

6.横アーチ後部パッドと半ヒールパッドの運動学的比較 ―矢状面運動に着目して―
群馬パース大学 城下貴司

7.歩行時、立ち上がり時に腰痛訴える患者の症例報告 ~Second Stage 評価セミナーを参考にしたアプローチ~
ふくやま整形外科 理学療法士 比嘉 裕

閉会式(16:15~)
[PR]
by iritanimethod | 2010-11-06 22:58 | 研究会情報
<< 「姿勢制御アプローチ沖縄特別講... 皮膚の運動学 >>