研究会設立趣旨

身体運動学的アプローチ研究会

設立趣旨
 「疼痛」や「機能障害」、「健康増進」「スポーツパフォーマンス向上」に対し、運動学・バイオメカニクス・動作分析の考えをベースにおき、皮下に侵襲しないアプローチを探求していく研究会。
入谷式足底板を主たる手技とし、結果の出せる職人的技術者を目指す者を対象とする。

役員
 会長:入谷 誠(足と歩きの研究所)
 副会長:大野範夫(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)
園部俊晴(関東労災病院)
 事務局長:石田泰男(歩きの工房)
 事務局次長:岩永竜也(松戸整形外科病院)

活動
 ・入谷式足底板技術者育成
 ・不定期の勉強会開催
 ・健康、福祉分野における社会的貢献、提言を行っていく。

研究会への参加資格
 (1)入谷式足底板セミナー上級コースを受講している者
 (2)趣旨に賛同する理学療法士、関連分野の研究者または医療に関連する国家資格を有する者
 *(2)については登録制とし、先着順に研究会開催時に案内を出す。

研究会への入会規定や入会申し込み方法は追ってお知らせします。現段階で
の問い合わせやコメントにはお答えできません。


身体運動学的アプローチ研究会
会長  入谷 誠
[PR]
by iritanimethod | 2006-09-06 18:03 | 研究会情報
<< 定款